ワンコイン・サポーターズブース20,000人プロジェクトブース

【愛知ボランティアセンターHPワンコインサポーターズページより】
2011年3月11日に発生した東日本大震災で、推計1,600人の子どもたちが、お父さんお母さんを亡くしてしまいました。

現在、高校生のお子さんから、あの日、お母さんのお腹にいた赤ちゃんまで、震災孤児遺児を応援するために、愛知ボランティアセンターは、すべての子どもたちが高校を卒業する2030年までの19年間、毎月ワンコイン(500円)を継続して寄付してくださるサポーターを募集しております。

エール1stでのブースでは、イベントに来場された方にワンコインサポーターズのについて広く知って頂けるようイベント向けに特別に、愛知ボランティアセンター 久田代表のワンコインサポーターズへの想い、現在応援して下さっているサポーターさんから頂いた心温まるお言葉を掲示しております。さらにご希望の方にはブース内に登録スペースを設けております。
ワンコインサポーターズについて今までご存知なかった方はもちろん、知っていたけど応募しようか迷っているという方、ブースへ覗きに来て、ワンコインサポーターズに認識及び賛同頂けたら幸いです。当日お待ちしております☆

関連情報